富士フイルムは2014年9月26日、富山化学工業の抗インフルエンザウイルス薬、ファビピラビル(アビガン)が、エボラ出血熱に罹患したフランス人の女性患者に対して投与されたと発表した。ファビピラビルがエボラ出血熱患者に対して投与されたのは世界初。

ログインして全文を読む