日本製薬工業協会(製薬協)は9月18日、医師の講演料や原稿料の支払い額や個人名などの開示方法を、2015年からウェブに統一すると発表した。製薬企業各社は、講演料や原稿料などについては支払った金額も今年から開示し始めたが、開示方法は各社で異なっていた。製薬協専務理事の川原章氏は、「社会の納得性の高いものになるよう、統一した方式で情報公開したい」と話した。

医師の原稿料の開示、15年からウェブに統一の画像

ログインして全文を読む