厚生労働省の社会保障審議会・介護給付費分科会は9月10日、2015年度介護報酬改定に向け、関係7団体からヒアリングを実施した。前回改定時に新サービスとして創設された24時間の定期巡回・随時対応型訪問介護看護(定期巡回・随時対応サービス)を普及させるための方策や、同一建物に対する減算のあり方、特定施設の医療対応や看取りに対するさらなる評価などについて意見交換した。

“同一建物減算”の拡大に強く反発の画像

ログインして全文を読む