厚生労働省は9月2日、2013年医療施設調査・病院報告の概況を公表した。調査期間は2012年10月1日から1年間。病院数が減る一方で一般診療所の数は増えたほか、全病床における平均在院日数、病床利用率ともに前年比で低下したことが分かった。

ログインして全文を読む