社会保障審議会・福祉部会が9月4日に開かれ、社会福祉法人のあり方に関する各論の議論を開始した。より一層の公益性を確保するため、理事会や評議員会の位置付け、財務・業務運営の規律、運営の透明性の確保、行政の関与のあり方などを検討していく。

他の公益法人並みの経営組織を求める方向にの画像

ログインして全文を読む