来年10月からの医療事故調査制度の開始に向け、具体的な運用手順などを検討する厚生労働科学研究班(代表者は全日本病院協会会長の西澤寛俊氏)は9月3日に会合を開き、民間の第3者機関(医療事故調査・支援センター)が行う業務内容について議論した。

事故調制度の院内調査、第3者機関が適切にサポートをの画像

ログインして全文を読む