政府系投資会社の(株)地域経済活性化支援機構(東京都千代田区)は9月1日、地銀5行などと共同出資し、医療・介護や健康産業に投資する「地域ヘルスケア産業支援ファンド」を設立した。地域におけるヘルスケア産業の促進を目的に、全国の医療機関や介護事業者だけでなく、検診やバイタルデータの活用、介護ロボット、高齢者の外出支援、配食といった、医療・介護サービスの周辺事業を手掛ける企業なども投資対象とする方針だ。

ログインして全文を読む