厚生労働省は8月29日に「医療介護総合確保促進会議」を開き、総合確保方針の素案を提示した。同方針は、地域における医療・介護を総合的に確保するための基本方針として厚労大臣が定めるもの。この方針に則り、各都道府県が医療と介護の連携強化に向け有効な提供体制改革の計画を立てて実行に移す場合、消費税増収分により創設された基金で手当てする。

厚労省が医療・介護の総合確保方針の素案の画像

ログインして全文を読む