厚生労働省は社会保障審議会に福祉部会を設置し、8月26日に初会合を開いた。公益性に疑問が投げ掛けられている社会福祉法人制度の見直しや、不足する福祉人材の確保策などについて議論していく。厚労省は、年内をめどに福祉部会の結論を出し、来年には制度改正につなげたい考えだ。

社会福祉法人の改革議論が本格化の画像

ログインして全文を読む