理化学研究所は8月27日、STAP現象検証実験の中間報告を行った。メディア向け説明会では、実験総括責任者を務める発生・再生科学総合研究センター(CDB)の相澤慎一氏、研究実施責任者でCDBのプロジェクトリーダーである丹羽仁史氏、理研の坪井裕理事の3人が会見した。丹羽氏は、STAP現象に関する論文の共著者である。

ログインして全文を読む