厚生労働省は8月26日、2015年度予算概算要求の内容を公表した。一般会計の要求額は、2014年度当初予算額より9258億円多い31兆6688億円。骨太の方針や成長戦略で掲げた項目に予算を重点配分するため設けられた「新しい日本のための優先課題推進枠」としては2443億円を盛り込んだ。

厚労省の来年度予算概算要求は31兆6688億円の画像

ログインして全文を読む