総務省や厚生労働省、通信事業会社などが加入する電波環境協議会は8月19日、「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」および「同報告書」を公表した。指針では、これまでは原則禁止としてきた病院内における携帯電話の利用に対し、「患者の利便性・生活の質の向上のためには、医療機関においても利用者の携帯電話端末の使用は、可能な限り認められることが望ましい」とし、規制を大幅に緩和した。今後はこの指針にそって、各医療機関が通話やメール、インターネットの利用に関する合理的なルールを定めることを求めている。

病院内での携帯電話利用の規制が大幅緩和の画像

ログインして全文を読む