介護労働安定センターは8月11日、「平成25年度介護労働実態調査」の結果を公表した。介護サービス従事者の不足を感じている介護保険事業所は全体の56.5%に上った。前年度の57.4%からわずかに(0.9ポイント)改善したが、依然として人手不足に悩む事業所が多いことが分かった。

ログインして全文を読む