厚生労働省は8月8日、「女性医師のさらなる活躍を応援する懇親会」の初会合を開催した。冒頭では厚生労働大臣の田村憲久氏が、「医学部入学者に占める学生の3分の1が女性となった今、女性医師の活用や復職・子育て支援、どうすれば働きやすい環境が作れるのかといったことを考えるのは急務だ」と語った。今後、同懇親会では先進的な取り組みの報告などを通して、ライフステージに応じて女性医師が活躍できる環境整備のあり方について検討を行う。

厚労大臣「女性医師の活用と復職・子育て支援が急務」の画像

ログインして全文を読む