理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の竹市雅俊センター長は2014年8月5日、急きょ取材に応じ、自殺した笹井芳樹副センター長について「10日ほど前から、研究の進め方などについて議論もできないほど体調が悪かった」と明らかにした。

「笹井氏は10日ほど前から体調が悪かった」の画像

ログインして全文を読む