兵庫県警は、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の笹井芳樹副センター長の死亡が8月5日午前11時ごろに確認されたと発表した。笹井氏は今朝、理研CDB内で首をつっているのが発見され、神戸市立医療センター中央市民病院に搬送されていた。死亡現場には遺書が残されており、自殺と見られている。

STAP細胞研究、理研の笹井副センター長が自殺の画像

ログインして全文を読む