厚生労働省は7月31日、副作用報告を適切に行わなかったとして、ノバルティス ファーマに業務改善命令を出した。ノバ社が製造販売するイマチニブ(商品名グリベック)、ニロチニブ(タシグナ)に関するアンケート調査や医師主導臨床研究で、16人分21件の重篤な副作用を把握しながら、報告を怠っていた。業務改善命令を受け、ノバ社は是正措置と再発防止策などをまとめた改善計画を1カ月以内に作成し、厚労省に提出する。

ログインして全文を読む