来年10月からの医療事故調査制度の開始に向け、具体的な運用手順などを検討する厚生労働科学研究班が、7月30日に会合を開き、医療事故発生時に、民間の第3者機関へ事故を届け出る基準などに関して議論した。届け出基準については、2004年に厚生労働省が示した通知の形式を踏襲することなどが確認された。

医療事故の届け出基準の議論を開始の画像

ログインして全文を読む