内閣府は7月18日、薬物乱用対策推進会議の臨時会合を開催し、脱法ドラッグに関する緊急対策をまとめた。販売店舗への一斉取り締まりの実施や、脱法ドラッグを指定薬物として包括指定する際の運用法を検討することなどが示された。

ログインして全文を読む