早稲田大学は2014年7月17日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)ユニットリーダーの小保方晴子氏が早大大学院先進理工学研究科所属時に執筆した博士学位論文に関して、調査結果の概要を公表した。数日以内に、詳細な調査結果が公表される見込みだ。早大は今後、対応を検討する。

早大調査委、「学位取り消し規定には該当せず」の画像

ログインして全文を読む