2014年7月7日、日経デジタルヘルス主催で、ビッグデータがもたらす新産業の可能性を探る企業に向けた「医療ビッグデータ・サミット2014」が開催された。その中で、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長の宮野悟教授は、ゲノム解析によって生じるデータ量と必要なコンピューターのスペックについて講演を行った。

スパコンでの遺伝子解析、処理能力を向上させるだけでは大規模データ解析には適さないの画像

ログインして全文を読む