2014年度診療報酬改定での、集合住宅の入居者に対する診療報酬の大幅な引き下げを受けて、連携医療機関の訪問診療の形式が「変更された」と回答した介護事業者が約半数に上ることが、介護4団体の合同アンケート調査で分かった。

ログインして全文を読む