コヴィディエンジャパン社は7月1日、脳内の血流を再開通させる際に用いる血栓除去デバイス「Solitaire FR」(写真)の販売を開始した。急性期虚血性脳梗塞において血栓溶解(tPA)療法が適応外、またはtPA療法後も血流再開が得られなかった例で、発症から8時間以内の患者を適応としている。希望小売価格は37万9000円。

ステント型の血栓回収デバイス発売の画像

ログインして全文を読む