「医療法人の事業展開等に関する検討会」が6月27日に開かれ、非営利ホールディングカンパニー型法人制度(仮称)の創設に向けた論点を厚生労働省が提示した。同法人制度は、地域の医療法人などの連携を促進し、経営の効率化を図ることを目的に創設が検討されており、6月24日に閣議決定した「日本再興戦略」にも盛り込まれている。年内に制度の方向性の結論を得る方針で、同検討会はこれから月1回以上のペースで開催され、詳細を詰めていく。

非営利ホールディング型法人の創設に向け論点の画像

ログインして全文を読む