6月1日に道路交通法が改定されたのを受け、認知症診療に関連する5学会は、同日、自動車運転をしている患者を認知症と診断した時点で、「自動車の運転を中止し、免許証を返納するように患者・家族(または介護者)に説明し、認知症を届け出る際は、患者・家族(または介護者)の同意を得ること」などを示すガイドラインを公開した。

ログインして全文を読む