予期しない死亡事故が発生した際に、院内での医療事故調査を義務づける法律が6月18日、参院本会議で賛成多数で可決、成立した。来年10月から施行される。今後は、厚生労働省が院内事故調査の手順などを具体的に示したガイドラインを策定することが決定しており、具体的な議論は厚生労働科学研究班(代表は全日本病院協会会長の西澤寛俊氏)で行われる。

ログインして全文を読む