理化学研究所の「研究不正再発防止のための改革委員会」(委員長は新構造材料技術研究組合理事長の岸輝雄氏)は2014年6月12日、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の早急な解体やCDB上層部の刷新を盛り込んだ「研究不正再発防止のための提言書」を発表した。STAP細胞の有無を含めた論文の検証は改革委員会の本来の役割ではないものの、再発防止策を検討するに当たって、同委員会は原因分析や関係者からのヒアリングを実施。記者会見では複数の委員が「STAP細胞はなかった」との見方を示し、STAP細胞の存在を信じて再現実験を進めているCDB関係者との温度差が浮き彫りになった。

理研の改革委員会「STAP細胞はなかった」の画像

ログインして全文を読む