政府の規制改革会議は6月13日、答申を取りまとめ安倍晋三首相に提出した。答申に盛り込まれた235項目のうち、最大の目玉の一つが保険外併用療養制度の新たな仕組み「患者申出療養(仮称)」の創設だ。困難な病気を患う患者からの申し出を基に、国内未承認薬や適応外の医薬品を従来よりも迅速に保険診療と併用できるようにする。

新たな保険外併用「患者申出療養」を創設への画像

ログインして全文を読む