STAP細胞論文は、既に世界の科学者から一大研究不正として認識されつつあるようだ。2014年6月12日に開かれた「研究不正再発防止のための改革委員会」の会見では、ある委員から「世界の三大研究不正の1つに認定されている」との発言があった。

STAP論文を「世界三大研究不正」の1つに認定の画像

ログインして全文を読む