STAP問題で再発防止策を検討していた理化学研究所の「研究不正再発防止のための改革委員会」(委員長は新構造材料技術研究組合理事長の岸輝雄氏)は2014年6月12日、「研究不正再発防止のための提言書」を発表した。STAP問題の背景には、「研究不正行為を誘発したり、研究不正行為を抑止できない組織の構造的な欠陥があった」と指摘し、理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)の早急な解体やCDB上層部の刷新を求めた。

「理化学研究所 発生・再生科学総合研究センターは早急に解体すべき」の画像

ログインして全文を読む