交流サイト(SNS)大手のDeNAと東京大学医科学研究所(東大医科研)は6月3日、日本人の遺伝子情報データベース作りと遺伝子情報の適切な活用法などについて共同研究を行うと発表した。DeNAは、今年7月末から個人向け遺伝子検査事業を開始する。

東大医科研とDeNAが日本人の遺伝子データベース構築でタッグの画像

ログインして全文を読む