厚生労働省は5月30日、医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会の第1回を開催した。2013年5月、社会保障分野、税分野、災害対策分野において「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」、いわゆるマイナンバー法が成立。研究会第1回目の今回は、内閣官房の担当者がマイナンバー制度の概要と、マイナンバー法の施行準備状況などを説明した。今後、同研究会において医療分野における番号の必要性や利用場面などが具体的に議論される。

医療分野における番号制度について議論開始の画像

ログインして全文を読む