元上司によるパワーハラスメントと長時間労働が原因で、勤務医のA氏(享年34歳)がうつ病を発症し自殺に至ったとして、A氏の両親が元上司2人と勤務先の公立八鹿病院(兵庫県養父市)に損害賠償を求めた裁判の判決で、鳥取地方裁判所米子支部は5月26日、元上司と病院に8012万9536円の損害賠償を命じた。

勤務医自殺訴訟でパワハラ認定、8000万円の損害賠償の画像

ログインして全文を読む