千葉大病院は5月7日、ノバルティス ファーマ社が製造販売する医薬品の取引を当面中止すると発表した。同大循環器内科が行ったバルサルタン(商品名ディオバン)の臨床研究VARTにノバ社の社員が関与した可能性が高く、利益相反の観点から問題があったため。停止期間は現時点で未定だが「少なくとも半年は続ける」(千葉大病院広報)という。

ログインして全文を読む