千葉大は4月25日、同大循環器内科教授の小室一成氏(当時、現在は東大循環器内科教授)らが行ったバルサルタン(商品名ディオバン)に関する臨床研究VARTで、データの不一致や統計解析方法の誤りが確認されたと発表した。研究に関わった医師の証言から、データがノバルティス ファーマ社の社員に渡り、統計解析に関与した可能性が高いと判断した。千葉大理事の中谷晴昭氏は、「研究の信頼性は低く、科学的価値が乏しい上、利益相反上の問題もあった」と説明。近日中にプロトコール論文、主論文、サブ解析論文の著者に論文取り下げを勧告する。

千葉大のVART、論文撤回を勧告の画像

ログインして全文を読む