国立感染症研究所は4月21日、東京都における2007〜13年の梅毒の発生動向を報告した。2013年の東京都での総報告数は417人(人口10万対3.2人)で、2010年から増加を続けており、2010年の報告数に対して、2011年は1.4倍、2012年は1.7倍、2013年は2.4倍となった。

ログインして全文を読む