理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダー(RUL)は2014年4月9日、大阪市内で記者会見を開き、調査委員会の最終報告に反論した。

小保方氏、STAP現象の根拠示す意志感じられずの画像

ログインして全文を読む