理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダーは、4月9日13時、大阪市内のホテルで記者会見を開いた。公の場に姿を見せるのは、2カ月以上ぶり。会場には300人以上の報道陣が殺到し、騒然としたムードの中で会見がスタートした。

小保方氏「悪意をもって論文を仕上げたわけではない」とコメントの画像

ログインして全文を読む