理化学研究所は2014年4月7日、都内で記者会見を開催し、STAP現象の検証実験について詳細を明らかにした。会見には、論文の著者の1人である発生・再生科学総合研究センター(CDB)多能性幹細胞研究プロジェクトリーダー(PL)の丹羽仁史氏が初めて登壇し、胸中を明らかにした。

STAP現象、検証実験の詳細を理研が公表の画像

ログインして全文を読む