日本高血圧学会は4月1日、「高血圧治療ガイドライン2014」(JSH2014)を公表した。第一選択薬からβ遮断薬を外したり、若年・中年患者の降圧目標を140/90mmHgとするなど、46項目の追加・変更を行った。昨年問題となったバルサルタン(商品名ディオバン)に関する臨床研究での不正を受け、関連する論文は全て不採用とした。JSH2014の電子版は日本高血圧学会のウェブサイトに公開され、非会員も閲覧できる。

高血圧治療ガイドライン2014を公表の画像

ログインして全文を読む