STAP細胞の論文について理化学研究所の調査委員会がまとめた最終的な報告書に対し、筆頭著者である発生・再生科学総合研究センター(CDB)の小保方晴子研究ユニットリーダー(RUL)は2014年4月1日、理研を通じてコメントを公表した。研究不正行為(改竄と捏造)とされた2点は、「理研の規程で研究不正の対象外となる『悪意のない間違い』であるにも関わらず、改竄、捏造と決めつけられたことは承服できない」として、近日中に理化学研究所に不服申し立てをすることを明らかにした。

小保方晴子氏、調査結果に「承服できない」の画像

ログインして全文を読む