STAP細胞論文について、実験ノートや試料の管理が極めてずさんだったことが判明した。2014年4月1日、理研が所内に設置した調査委員会(委員長は理研の石井俊輔上席研究員)による最終的な調査報告書を公表し、明らかになった。

STAP細胞論文、3年間の実験ノートは2冊だけの画像

ログインして全文を読む