厚生労働省は3月31日、2014年度診療報酬の疑義解釈を発出。注目度が高い「主治医報酬」などの算定ルールの詳細が明らかになった。

ログインして全文を読む