環境省は3月28日、2012年に青森、山梨、長崎の3県で行った甲状腺検査の追跡調査で、甲状腺癌が1人見つかったと発表した。福島県の検査では、昨年12月末までに0.029%が悪性または悪性疑いと判定されているが、3県検査での判定は0.022%となった。環境省は、「検査の対象者数が異なるため単純比較はできないが、数字を見れば、甲状腺癌の発生が福島でだけ多いとは言えない」とコメントした。

甲状腺癌の頻度、福島県外でも同程度にの画像

ログインして全文を読む