全国在宅療養支援診療所連絡会は3月22日、第1回全国大会で「2014年度在宅医療の診療報酬について考える―緊急提言―」と題するシンポジウムを開催した。高齢者住宅などへの「施設在宅医療」の点数大幅引き下げ問題を中心に、3人の開業医がクリニックの現状や考察、より良い診療報酬制度への提言を発表(関連記事)。それに答える形で厚生労働省の担当官が改定の趣旨と今後の対応を述べた。

志ある在宅医が多いうちに「あるべきルール」作りたいの画像

ログインして全文を読む