3月14日、理化学研究所は記者会見を開き、STAP細胞の2本の論文について実施している調査について、同研究所の上席研究員で「研究論文の疑義に関する調査委員会」の石井俊輔委員長らが、中間報告を行った。画像の不自然さなどの疑義については個別に説明があったものの、STAP細胞の実在性については、第三者の検証を待つとの説明が繰り返され、何も明らかにならなかった。

STAP細胞の実在性は「第三者の検証を待つ」の画像

ログインして全文を読む