慶応義塾大学ビジネス・スクール(KBS)をはじめ世界6カ国(日本、米国、フランス、ドイツ、中国、ブラジル)のビジネススクール6校から成る国際共同研究・教育のアライアンス「CoBS」は、ヘルスケアをテーマとした国際フォーラム「Second Annual International Forum 2014 〜Health and Healthcare」を2014年3月6〜7日に慶応義塾大学日吉キャンパスで開催、各国の医療政策や医療ビジネスの専門家が活発な議論を交わした。

「高齢化は医療費増の主要な推進因子ではない」の画像

ログインして全文を読む