日本小児アレルギー学会は2月25日、小児喘息の長期管理に用いる吸入ステロイド薬(inhaled corticosteroid:ICS)の使用について、効果が得られれば早期に適量に減らし、効果がなければ他の疾患を考慮するなど、高用量のICS使用を漫然と続けるべきではないという、日本小児アレルギー学会喘息治療・管理ガイドライン委員会の見解を発表した。

ログインして全文を読む