日本医学会は2月20日、3年ぶりに改訂した「医学研究のCOIマネ−ジメントに関するガイドライン」を公表した。利益相反(COI)の自己申告対象となる期間を1年間から3年間に延長したほか、年度ごとの研究資金源とその額に関するデータを研究終了報告日から5年間または論文公表から3年間まで保管するよう求めている。

ログインして全文を読む