中央社会保険医療協議会(中医協)は2月5日、今年4月に消費税率が5%から8%になることで生じる「損税」負担への対応として、初診料を12点、再診料を3点引き上げることなどを了承した。消費税率の引き上げに伴う対応をめぐっては、診療側と支払側で意見が対立しており、公益委員の意見を最終決定とする公益裁定によって決着した。

2014年度診療報酬改定、初診料は+12点で決着の画像

ログインして全文を読む